2011年11月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:05 Nov 17 2011

フォーチュン、中国ビジネス界で影響力を持つ女性を発表

 「FORTUNE(フォーチュン)」誌の中国語版は16日、「2011年、中国ビジネス界で最も影響力を持つ25人の女性」ランキングを正式発表した。ランキングでは、華為公司の孫亜芳董事長が首位に立った。2位は珠海格力電器の董明珠総裁、3位はハイアールの楊綿綿総裁となった。京華時報が報じた。

 今年は同ランキングに新たな顔ぶれが9人加わった。70歳を超える高齢の謝企華董事長が復帰し、豊富な経験により「中国のテマセク」と呼ばれる国新控股を取りまとめた。70年代生まれの鄭潔総裁はグローバル企業を経営し、ランキング入りを果たした。同ランキングのうち、3名の女性が中国家電業界に従事しており、9名が金融および投資業界(国有大型商業銀行、世界的に有名な500強投資銀行、ヘッジファンド)に従事している。(編集YF)

 ランキング上位10名
 孫亜芳 華為公司董事長
 董明珠 珠海格力電器股フン有限公司副董事長、総裁
 楊綿綿 ハイアール集団総裁
 謝企華 国新控股有限公司董事長
 張欣 SOHO中国有限公司CEO、聯合創始者
 王鳳英 長城汽車公司総裁
 蕭潔雲 SAP中国区総裁
 呉亜軍 龍湖地産公司執行董事兼董事会主席
 鄭潔 クライスラー(中国)自動車販売有限公司総裁兼総経理
 ?渝 当当網董事長

 「人民網日本語版」2011年11月17日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古