2011年11月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:09 Nov 23 2011

上海の光ファイバー通信速度、一夜で最高10倍に

 上海市のブロードバンド通信速度を向上させる「城市光網(光ファイバー)」計画が2009年に始まって以降、多くの上海市民が速度向上を実感していてる。しかし今回のアップグレードは一味違い、「一夜のうちに未来へワープしたかのよう!」と市民から喜びと驚きの声が上がっている。今回のアップグレードでは、これまで2M(メガ)か4Mだった通信速度が、一気に10M-20M、ひいては30Mまでアップ。中国の通信大手「中国電信」上海支部の責任者は「今回の光ファイバーのアップグレードは完全無料。工事中もユーザーの使用には全く影響がなく、ユーザーは速度が一瞬でアップしたと感じる」と説明した。中国紙「広州日報」が報じた。

 ▽光ファイバーを上海の各家庭に

 2009年より、上海で新しく建設される住宅にはすべて光ファイバーのブロードバンド設備が設置された。一方、すでに建設済みの住宅団地でも計画に基づいて、段階的に改造工事を進められており、最終的に上海全域に光ファイバー設備が普及する計画。これにより上海市民は「Kbps」を単位とするネット接続時代に終わりを告げることになる。上海市全域の「城市光網」のユーザー100万世帯を対象にしたアップグレード工事が現在進められており、3-5日で完了する見込み。

 同社の責任者によると、同社は今年9月8日に「スマートシティに向けたブロードバンド再アップグレード計画」を発表、今回まず「光ファイバーを使用している家庭をアップグレードした」。

 ある市民は取材に対して「光ファイバーの改造工事が行われる前は1Mのブロードバンドしか使えず、スピードアップはできなかった。でも今は10Mにグレードアップし、通信速度も10倍になった」と喜びの声を語った。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古