2011年11月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:10 Nov 30 2011

東京モーターショー、各メーカーが新車種を出展

日産自動車最新のコンセプトカー「PIVO」

 まもなく開幕する第42回東京モーターショーには、新型車種、新エネルギー車、ニューコンセプトカーが勢ぞろいする。日系自動車メーカーは今回のモーターショーを通じ、各社の研究開発能力を示す。東北新聞網が報じた。

 日産自動車は東京モーターショーに、最新のコンセプトカー「PIVO」を出展する。同車種は実用的なデザインで、量産開始後の状態に近づいており、期待が高まっている。

 スバル自動車はスポーツカー「BRZ」、「インプレッサWRX STI S206」を出展する。またコンセプトカー「Advanced Tourer」の出展も予定している。

 日系自動車メーカーの最大手であるトヨタ自動車は、今回のモーターショーで5種の最新車を出展する(FRスポーツ「86」、「アクア」、新エネルギー・コンセプトカー3種)。またダイハツ自動車も3種のコンセプトカーを出展する(「ダイハツD-X」、「Pico」、「FC Shocase」)。スズキ自動車もまた将来的な自動車工業の発展方向を見据え、3種の小型コンセプトカーを出展する(「レジーナ」、「キューコンセプト」、「スイフト EVハイブリッド」)。

 東京モーターショーは日系自動車メーカーのみならず、フォルクスワーゲン、BMW、アウディ、メルセデス・ベンツ等のドイツ自動車メーカーも勢ぞろいする。フォルクスワーゲンは「パサート オールトラック」を、BMWは「アクティブ ハイブリッド5」を、アウディは「A1スポーツバック」を出展する。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年11月30日

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古