2011年12月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:22 Dec 01 2011

日系自動車メーカー、「6つの困難」で生産減

 2年に1度開催される東京モーターショーが、11月30日に開幕した。日本自動車産業にとって、2011年は多難な1年となった。東日本大震災、急激な円高、電力供給制限、タイの洪水、世界経済回復の遅れといった影響で、日本主要自動車メーカーの業績が軒並み低下している。経済参考報が報じた。

 自動車産業の危機は、日本の産業危機の縮図と言える。自動車産業の低迷は、日本経済全体に直接影響する。

 日本自動車産業の国内市場需要は疲弊を続け、海外市場では円高と競合他社により二重の圧力を受けている。生産について、日本自動車産業は部品のサプライチェーンの調整と回復が急務であるが、その一方でサプライチェーンと為替レート面のリスクを直視する必要があり、海外への生産移転の圧力が高まりつつある。

 国際金融危機後の市場低迷を経た後、2011年初、日本自動車産業は回復の兆しを見せ始めた。しかし東日本大震災により、その回復が急停止した。日系自動車メーカーが発表した2011年会計年度中間報告によると、3月に発生した地震の影響を受け、主要8社の国内生産が前年比で軒並み減少した。うち3大手のトヨタは23%減、ホンダは40%減、ニッサンは6%減となった。

 同期間、日系自動車メーカーはサプライチェーンの障害や国内の電力供給制限といった困難に直面し、連日の残業で生産回復に取り組んだ。これにより8月には、自動車生産台数が昨年同期の同水準に達した。自動車メーカー各社が第4四半期に向け生産を拡大し、地震による損失を補う取り組みを行う中、10月にタイで発生した大洪水によりその計画が頓挫した。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古