2011年12月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:16 Dec 02 2011

河北沿海地域 北東アジアの協力プラットフォームに

唐山の曹妃甸新区の経済発展に活力を注入する水上高速道路。

 1日に国務院新聞弁公室で記者会見が行われ、国家発展改革委員会の杜鷹副主任、河北省党委員会の趙勇副書記、河北省の聶辰席副省長が、河北省沿海地域の発展計画をめぐる状況を紹介した。趙副書記は「対外開放は、とりわけ北東アジアに向けた開放協力は、この地域の一大発展ポイントになる」と述べた。「人民日報」海外版が伝えた。

 「河北沿海地区発展計画」がこのほど国務院の承認を受けて実施されることになった。同計画における河北沿海地域の戦略的な位置づけは「中国の開放協力の新たな高地」というもので、この地域で一連の先行的・先駆的な政策を実施するとしている。

 趙副書記は「われわれは現在、この地域で中国・日本間の生態工業パークプロジェクトの実施を推進している。パークは唐山の曹妃甸新区に建設され、計画面積は60平方キロメートルに上る。このパークの特徴は日本の先進的技術と大手企業の投資という優位点を利用して、日本の質の高い産業を、とりわけ戦略的新興産業の移転を呼び込んで、中国の企業と協力を展開するようにし、このパークを省エネ環境保護型の設備製造業拠点にし、省エネ環境保護技術の推進普及センターにすることにある」と述べた。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古