2011年12月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:02 Dec 06 2011

中国人研究者:ソニーはなぜサムスンに負けたか

 ソニーの会長兼CEOであるハワード・ストリンガー氏は、もともとソニーを最良の時代へと導く存在として見られていた。しかし現状で判断する限り、決してそうなってはいない。2011年のソニーのテレビ事業は連続8年の赤字であり、ストリンガー氏のCEO就任以来、ソニーの市場価値は半分近く下落した。現在の時価はたったの250億ドルで、サムスンの四分の一でしかない。

 経営資源が異なるため、初期のサムスンとソニーの争いにおいて両者の戦略は全く異なるものだった。ソニーは一貫して技術力でスタンダードな製品を作り出すことに強みがあった。人材の創造性を伸ばすことに注力し、イノベーティブな製品を作るのが基本理念だった。一方サムスンは、限られた技術力と開発能力のなか、OEM生産をするだけの会社だった。

 サムスンは研究開発費の規模ではソニーにとうてい及ばなかった。しかし同社は他国あるいは他社から積極的に技術を導入した。自主開発をするようになったのはこの15年のことである。はたから見ると「技術のソニー」は技術で成功し、技術におぼれた。研究開発費に大量の資源を投入するとき、それがただちに収益を上げる結果を伴うわけではない。また、企業内部でも研究開発に過度に期待するようになってしまっていた。

 デジタル時代の到来が、ソニーとサムスンの競争モデルの優劣を逆転させた。競争の激化と製品価格の急速な下落に対応するため、ソニーは新製品とサービスの拡張に休むことなく突っ走った。そのような戦略の下、ソニーの事業は多角化し、娯楽産業にも進出することになった。

 ライバルであるサムスンが採った戦略は、市場と消費者のニーズの変化を素早くとらえ、適応することだった。スピードが最大のポイントと考えたのである。このようなコンセプトによって、サムスンの製品は素早く大胆でイノベーティブであるというイメージが醸成された。これは中国市場でサムスンが消費者に与えている印象でもある。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古