2011年12月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:27 Dec 06 2011

ゴールドマン・サックス、中国株式市場の今後を予想 (2)

 ゴールドマン・サックスはレポートで、「2011年第3四半期は金融引き締め政策がピーク期に差し掛かる。民間融資の制限措置により、超過貸付の年間減少額がGDPの7%に達する」と指摘した。

 株式市場について、ゴールドマン・サックスは「中国大陸部の株式市場は、今後3ヶ月間は比較的安定する。しかし今後6ヶ月間で一桁上昇の可能性がある。2012年通年では、15−20%の上昇率に達するだろう」とまとめた。

 朱氏はA株市場よりH株市場に期待を寄せている。「来年末まで、恒生中国企業指数は1万2100ポイントに達し、投資収益率が約20%に達する」(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年12月6日

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古