2011年12月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:32 Dec 06 2011

中国のWTO加盟から10年、中日貿易の変化と課題

 中国のWTO加盟後、中日の経済提携に大きな変化がもたらされた。この10年間で、両国の経済貿易関係の健全な発展についての課題も見えてきた。日本新華僑報網が報じた。

 中日両国は密接な経済関係を保っている。1972年の国交正常化前、貿易関係は一定の発展を実現していた。この40年間、両国の政治・外交関係は不安定であったが、経済貿易関係は安定的かつ健康的な発展を維持してきた。

 1979−2008年の30年間、中日経済貿易提携には主に3つの支柱があった。1つ目は二国間貿易、2つ目は日本の中国への直接投資(その後、中国の日本への投資も含む)、3つ目は日本の中国に対するODAである。中国のWTO加盟前、この3つの支柱により発展のバランスを保っていた。

 2001年に中国がWTOに加盟すると、中日経済貿易関係に飛躍的な発展が訪れた。2001年の中日輸出入総額は831億7000万ドルであったが、2002年には1018億9000万ドルに急増した。その後は毎年高い成長率を維持し、2011年には3300億ドルを実現する見通しだ。WTO加盟後10年間で、中日貿易の規模は約4倍に増えた。この驚異的な成長率は、成熟段階に入った中日貿易にとって容易なことではない。

 中国がWTOに加盟する前の2000年、日本の中国に対する直接投資額は29億ドルのみだった。2001年に中国がWTOに加盟すると、49%増の43億5000万ドルに達した。これが2005年になると、65億3000万ドルとなった。中国の対日投資も急増し、投資額は累積で20億ドルを超えた。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古