2011年12月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:35 Dec 09 2011

中国財政部、公務員の公務カード決算制度導入へ 来年から

 中国財政部は8日、中央政府の各部門および行政に携わっている事業単位(国家が社会公益目的のため、国家機関により運営あるいはその他組織が国有資産を利用し運営するもので、教育、科学技術、文化、衛生などの活動に従事する社会サービス組織、以下中央予算単位)に対して、全面的に「公務カード強制決算目録」を実施することを決定したと通知した。来年1月1日より、同機関で働く各スタッフは公務接待費や公用車の運行維持費、出張旅費、会議費など16項目の費用を支払う際、必ず公務カードで決算しなければならない。来年の年末までに、中央予算単位下部のすべての単位でも同制度が実施される。中国のタブロイド紙「新京報」が報じた。

 ▽「カードは持っていても使っていない」が大部分

 同部は、公務カード制度改革は2007年より実行されて以来、中央予算単位が現金で支払い・決算する回数を減少させたり、公務支出の政策を規範化したりする面で、大きな成果を得ているとしている。ただ、同カードが使用できる範囲が狭いため、使用率がそれほど高くないという問題もあり、「カードは持っていても使っていない」という状況が数多く見られていた。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古