2011年12月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:49 Dec 11 2011

中国1人あたりのGDP、7年後2倍に?

 1人あたりのGDP(国内総生産)を倍にするにはあと何年かかるか?英国経済誌「エコノミスト」は12月8日、「中国は世界一のスピードで1人あたりのGDPを引き上げるだろう。中国は今後わずか7年で、1人あたりのGDPを現在の8400ドルから倍増させ、高所得国家の仲間入りを果たす」との文章を掲載した。

 ●データ
 中国はイギリスの10分の1の時間で1人あたりのGDPを倍増


 「エコノミスト」によると、現在の発展途上国における平均所得の増加スピードは歴史のどの時期よりも速いという。

 大手コンサルティング会社、マッキンゼーのデータによると、産業革命以降、イギリスが1人あたりのGDPを1300ドルから2600ドルに倍増させるには150年かかっている。また、120年後、アメリカが同じように倍増させるのにかかった時間は約53年で、イギリスの約3分の1だった。

 しかし、「エコノミスト」は、中国がこの数字を大幅に縮小したと指摘。中国はわずか12年、つまりイギリスの10分の1の時間で、1人あたりのGDPを1300ドルから2600ドルに倍増した。

 さらに同紙は、国際通貨基金(IMF)の予測データを引用し、「あとわずか7年で、中国は1人あたりのGDPを現在の8400ドルから倍増、1万ドルを突破し、高所得国家の仲間入りを果たす」とした。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古