2011年12月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:29 Dec 14 2011

中国トップ50ブランドを発表、首位はチャイナモバイル

 通信サービス大手WPPの傘下企業、中外合弁の市場リサーチ機構の華通明略公司は13日に北京で、「2011年度BrandZ中国トップ50ブランド」を発表した。新華社が報じた。

 同ランキングは、同合弁会社が昨年に続き発表した。中国移動(チャイナモバイル)は536億700万ドル(約4兆1300億円)のブランド価値で、首位をキープした。2位以下は、中国工商銀行、中国建設銀行、中国銀行、中国農業銀行、百度、中国人寿、中国石油化工(シノペック)、中国石油天然気(ペトロチャイナ)、テンセントの順となった。

 同合弁会社のデータによると、2011年の世界経済の大環境は理想的でなかったが、ランクインした50ブランドの総価値は、16%増の3250億ドル(約25兆1000億円)に達した。

 しかしBrandZグローバルプロジェクト担当者のPeter Walsh氏は、「中国企業には、ブランド構築面でやるべきことが残されている。海外消費者の間での、中国ブランドの認知度を高めなければならない」と指摘した。同合弁会社が同日発表した、中国企業の海外進出に関する調査データによると、海外の調査対象者のうち83%が、中国ブランドを知らないと回答した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年12月14日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古