2011年12月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:22 Dec 16 2011

札幌の中国人観光客、7割減少

 中国映画「狙った恋の落とし方(原題:非誠勿擾)」のヒットで、中国に北海道ブームが巻き起こったのはいつだっただろうか。北海道の観光発展モデルは、日本各地の観光地がこぞって真似をしたほどだ。

 北海道札幌市は8日、2011年4-9月の観光客数を発表した。それによると、昨年に比べ、札幌の観光客数は9.9%減少、わずか665万5000人で1993年の調査開始以降、初めて700万人を下回った。東日本大震災と原発事故の影響で、外国人観光客の数が50%減少したことが響いた。

 観光客を出身地別にみると、北海道以外の場所から訪れた観光客は昨年と比べ14.2%減少の279万1000人だった。北海道内部からの観光客も6.6%減少の386万4000人だった。また、日帰りの観光客数は13.1%減の328万7000人、一泊以上の観光客は6.6%減の336万8000人だった。

 外国人観光客数は前年比51.3%減の16万7000人。月別にみると、大地震直後の4月は前年と比べ9割以上減少、わずか2400人。5月も71.7%減の1万2000人だった。しかし、5月以降は回復傾向にあり、9月は前年比でわずか30%減とかなり持ち直した。

 観光客を出身国別にみると、台湾が3万9000人、韓国が2万3000人、中国大陸が2万3000人だった。中国大陸からの観光客は前年にくらべ69.6%減少しており、北海道ブームが冷めつつあることを示している。

 札幌市観光文化局は、「札幌は原発事故の影響を受けていない。これは周知の事実であり、外国人観光客数は回復に向かっている」とする半面、「世界の不況と円高が北海道の観光に打撃を与えている」と述べている。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年12月16日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古