2011年12月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:55 Dec 16 2011

外資利用総額、サービス業が初めて製造業を上回る

 中国商務部は15日、以下のデータを発表した。今年1−11月、外国企業が投資し新規設立した企業数は前年同期比3.23%増の2万5086社に達し、実質ベースの外資使用額は13.15%増の1037億6900万ドルに達した。全国で新規設立された外商投資企業(合弁会社、合作会社、独資会社、外商投資株式有限会社の4種)は12.91%減の2718社となり、実質ベースの外資使用額は9.76%減の87億5700万ドルとなった。

 産業別に見ると、サービス業の実質ベース外資使用額の増加率が引き続きトップになった。1−11月、サービス業の実質ベース外資使用額は、前年同期比18.54%増の487億6800万ドルに達した。サービス業のうち、実質ベース外資使用額の増加率が高かったのは、ラジオ・映画・テレビ業、社会福利保障業、旅行業、パイプライン運輸業、航空運輸業、市内公共交通業など。農業、林業、牧畜業、漁業の実質ベース外資使用額は、1.14%増の17億500万ドルに達した。製造業の実質ベース外資使用額は、7.56%増の473億1500万ドルに達した。サービス業の外資使用金額が全体に占める比率は、初めて製造業を上回った。

 1−11月、アジアの主要国・地域の中国に対する投資は引き続き増加し、米国からの投資はやや減少した。EU27カ国の実質ベース外資投入額は、前年同期比0.29%増の59億8200万ドルに達した。

 中国中部地区の実質ベース外資使用額の増加は著しい。1−11月、中部地区の実質ベース外資使用額は、前年同期比27.63%増(全国平均を14.48ポイント上回る)の70億6600万ドルに達した。西部地区の実質ベース外資使用額は、14.76%増の77億900万ドルに達した。東部地区の実際に使用された外資総額は、12.01%増の889億9500万ドルに達した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年12月16日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古