2011年12月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:21 Dec 19 2011

「2020年に中国は世界最大の市場になる」商務部

 商務部の陳徳銘部長はこのたびスイス・ジュネーブで開催された世界貿易機関WTO)第8回閣僚級会議に出席した際、国内・海外メディアの取材に応える中で、中国市場は拡大を続けており、2020年には世界最大の市場になり、輸入も世界最多になることが予想される、との見方を示した。中国新聞網が伝えた。

 陳部長は政府調達に関する協定(GPA)について次のように述べた。中国はGPA加盟に向けた話し合いを積極的に進めていく。今年12月初めに中国側は価格設定に関する第3次プランを予定通りに提出した。このプランは中央政府のみならず、地方政府も実体として包括するものであり、(前回プランに比べて)実質的な改善が加えられたものとなっている。だが加盟交渉のハードルが交渉参加者によって絶えず引き上げられており、その引き上げペースは中国の成長ペースを上回る。それでもなお中国側のGPA加盟の意思は変わらず、今後も引き続きGPAメンバーと建設的な話し合いを進めていく予定だ。

 陳部長によると、中国と他の新興経済体との間では協力が競争を上回る。全体としてみれば、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)、アフリカ諸国、中南米諸国など多くの発展途上国との貿易関係は、基本的にバランスの取れたものになっているという。

 また陳部長によると、来年も世界経済の成長パワーは不足気味で、中国の対外貿易情勢は厳しいが、来年に期待することは、輸出入がプラスになる、あるいは小幅の成長を達成することだという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年12月19日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古