2011年12月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:38 Dec 19 2011

中国企業の社会的責任報告書、8割以上が良い面のみを報告

 新華網、経済参考報社等の新華社の傘下メディアは17日、中国社会科学院経済学部企業社会責任研究センターで、「中国企業社会責任報告白書」を共同発表した。同センターの鐘宏武氏は、「中国企業の社会的責任報告書の全体レベルは依然として低く、自社にとって都合の良いことばかりを報告している」と指摘した。経済参考報が報じた。

 鐘宏武氏は「中国企業が発表した社会的責任報告書は、2006年の25部から2011年の771部と、大幅に増加した。しかし企業報告書の全体レベルが依然として低く、質も企業によってバラつきがある」と指摘したほか、「中国企業の社会的責任報告書の多くは、業務総括、宣伝用パンフレットの域を出ていない。約84.6%の報告書は、自社にとって都合の良いことばかりを書き、不利な情報を開示していない」と述べた。

 企業が社会的責任報告書を発表していることについて、国有資産監督管理委員会の楚序平副局長は、「当委員会は中央企業の社会責任の履行を推進している。2012年、全ての中央企業は社会的責任報告書を発表することになる」と述べた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年12月19日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古