2011年12月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:29 Dec 23 2011

中日韓・ロシアが陸海連合輸送提携を実施

 中国交通部によると、中日韓にロシアを加えた4カ国が陸海連合輸送提携を全面的に実施し、競争力のある北東アジア地区総合運輸・物流ネットを形成する。中国東北地区の物流コストが全体的に低下する見通しだ。中国広播網が報じた。

 4カ国による北東アジア地区陸海連合輸送とは、ロシア極東と中国東北地方の港を港湾拠点とし、鉄道、道路、各種連合輸送を主な内陸輸送方式とし、4カ国の北東アジア地区の陸海連合輸送ネットをカバーすることを指す。中国交通部国際提携司の局成志司長は、「陸海連合輸送の提携により、東北内陸部の国内交通網末端の劣勢を覆すことができる」と指摘、「中国とロシアは2カ国間の提携を強化すると同時に、日本海に隣接する地理的優勢を活かす。これにより黒龍江省吉林市は、ロシアの港湾、日本の西部、韓国の東部を利用し、輸送網を形成することができる。特に陸海連合輸送による連続輸送により、吉林市の経済発展に良い影響をもたらす」と語った。

 通常の輸送ルートは、例えば新潟県→大連港→ハルビンの海路と陸路を合わせたルートを使うと、ハルビンまでは約2000キロある。もし海路と陸路を組み合わせロシアの港まで行くならば約600キロで、さらに3、4キロの陸路を組み合わせるならば、全体的に1000キロ以上短縮され、距離的な優勢が明らかだ。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年12月22日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古