2011年12月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:29 Dec 23 2011

日本の中国国債購入「最小の投資リスク」専門家

 日本の安住淳財務相はこのほど、日本政府は最大で100億ドルの中国国債を購入することを検討しており、野田佳彦首相が25日からの中国公式訪問に際して、この件について中国側と話し合う予定であることを明らかにした。双方が一致すれば、日本は初めて中国国債を購入することになる。「人民日報」海外版が伝えた。

 ▽今、最も安全な中国国債

 実際のところ、日本も中国と並んで巨額の外貨準備資産を保有する国だ。今年11月末現在の日本の保有額は約1兆3千億ドルで、中国に次ぐ世界2位となっている。だが世界2位の債権国である日本の外貨準備資産は資産構成が比較的単純で、全体の約75%を占める約9千億ドルが米国債だ。

 首都経済貿易大学金融学院の謝太峰院長は取材に応える中で、「米ドルやユーロに比べ、現在、中国国債への投資はリスクが最も小さいと考えられる」と述べ、米国は世界最大の国債投資市場だが、米国自身が過重な債務負担という問題を抱えており、米国債を持ちすぎれば一定の焦げ付きリスクを抱えることになると指摘した。
 
 謝院長によると、外貨準備資産の管理には安全性、流動性、営利性という3つの原則があり、安全と流動の保証を前提として利益を追求しなくてはならない。よって、安全を保証するためにリスクの小さい国債に投資するのだという。

 だが現在、欧州の債務危機がますます激化しており、こうした状況の下で、米国国債市場と欧州国債市場のリスクが増大しており、中国の現在の債務水準は全体として欧米よりもかなり低くなっている。謝院長の分析によると、中国の現在の赤字の対国内総生産(GDP)比は国際警戒ラインである3%を下回るが、欧米諸国の多くは3%を上回り、10%を超える国もあるという。

 謝院長は「金融危機が世界経済を軒並み停滞させている状況の中で、中国経済は8%を超える高度成長を維持している。これと同時に、人民元の価値を安定させ、対米ドルレートは緩やかに上昇を続けている。よって中国国債への投資はリスクが最も小さいといえる」と述べた。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古