2011年12月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:12 Dec 26 2011

中国、日本農産物の輸入解禁を検討か

 野田首相は25日、今年8月の首相就任後初めて中国を訪問した。日本経済が緩やかに復興を開始したことから、野田首相の今回の訪中では、経済関連の議題が中心になると見られているが、さらに重要なのは、来年の日中国交正常化40周年に向け、堅固な足場がためをするという象徴的な意義だ。南方都市報が報じた。

 野田首相の訪中の主な内容は、依然として経済関連の議題だ。日本は今年3月の大震災により、輸出市場と国内経済が大打撃をこうむった。福島第1原発の放射能漏れにより、中国は日本の一部地区からの食品輸入を禁止している。震災後、日本は中国市場の拡大に努め、中国人観光客を引き寄せようとしている。

 外交学院国際関係研究所の周永生教授は、中国は今回日本側の要求に応じ、一部農産物の輸入を解禁する可能性があると指摘した。これまで日本側は、中国国債を購入し、人民元の国際化を支持すると表明するなど、提携ムードを高める取り組みを行っていた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年12月26日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古