2011年12月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:06 Dec 27 2011

日本の一人あたり名目GDPは中国の10倍

 日本の内閣府が26日に発表したデータによると、2010年の日本の名目国内総生産(名目GDP)の一人当たり平均額は4万2983ドルで、経済協力開発機構(OECD)の加盟国の中では前年比2位上昇の14位となった。同加盟国トップはルクセンブルク(10万5313ドル)、2位はノルウェー(8万4473ドル)。米国は8位(4万6588ドル)、韓国は26位(2万757ドル)。中国の平均額は4433ドルだ。

 今年の日本の平均額はドイツの4万123ドルやフランスの3万9475ドルを上回った。その主な原因として、円高の影響により、米ドル換算した平均額が過去最高に達したことが挙げられる。

 1994年の日本の平均額は世界2位で、そこから現在までの間の増加率は11%にとどまる。一方、ルクセンブルクの増加率は100%を超えた。通貨引き締め政策の下での低い経済成長ペースが順位に影響したとみられる。

 2010年の日本の名目GDPは5兆5035億ドルで、世界全体の8.7%を占め、前年の水準を維持した。世界全体に占める割合で日本は中国(9.4%)に抜かれて3位に後退し、トップは引き続き米国(22.9%)だった。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年12月27日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古