2011年12月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:40 Dec 27 2011

中国が外国人の永住制度設立?一般労務を厳しく制限 (3)

 ▽外国人の永住制度を設立か

 同草案は外国人の入国後の管理を、一時滞在管理と長期滞在管理の2つに区分し、180日を一時滞在と長期滞在の境界とする。同草案の規定によると、外国人が中国国内に一時滞在・長期滞在する場合は、滞在理由と関係のない活動に従事することは許されず、規定された滞在期限内に出国しなければならないとされる。

 また同草案は永住制度についても規定を設けている。楊副部長によると、永住制度は人材や資本を導入する上で積極的な作用をもたらすものであり、世界でよくみられるやり方だ。同草案の規定によると、中国の経済・社会の発展に対して突出した貢献を行った外国人、あるいはその他の永住条件に合致した外国人は、本人が申請し、公安部が許可を出せば、永住資格を取得することができる。具体的な管理規定は公安部と外交部が国務院の関連部門と共同で規定するとしている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年12月27日

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古