2012年1月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:29 Jan 05 2012

2012年には日本が中国を抜き返す? 専門家:可能性は小さい

 米経済誌「フォーブス」は3日、世界経済の今年の見通しを発表した。昨年末以降、主要経済体の「経済の健康度」を懸念する人が少なくない。中でも中国経済が「ハードランディング」するかどうかは、最も注目される話題の1つだ。法制晩報が伝えた。

 2010年、中国のGDPは日本を約4000億ドル上回り、世界第二の経済体となった。40年にのぼる日本の「経済の奇跡」は終焉を迎えた。

 しかし、日本のあるテレビ局はこのほど、「中国経済が減速する2012年、日本が再び世界第二の経済体に返り咲く可能性が非常に高い」と報道した。

 米国の経済ニュースサイト「ビジネスインサイダー」は経済学者の予測を引用し、「2012年、中国経済の成長率は8-8.5%増となるだろう」と指摘している。確かにこれは中国経済にとって過去10年で最低の成長率となるが、一方で、日本政府も今年の経済成長予測を下方修正している。

 これに対し、対外経済貿易大学世界経済研究室の藍慶新主任は「日本経済が今年、中国を上回る可能性は小さい。日本メディアがこの話題を取り上げたのは、日本にとって『世界第二』という肩書きが非常に重要だからだ」と指摘する。

 ▽2012年には日本が中国を抜き返す?

 「フォーブス」誌が予測する2012年の5大「ブラックスワン・イベント」の1つに、「中国経済成長率が8.5%を下回る」が選ばれた。

 「ブラックスワン・イベント」という言葉は、ナシム・ニコラス・タレブの著作「ブラックスワン」に由来し、社会に重大な影響をもたらす、誰もまったく予測できなかった事件のことを指す。

 「フォーブス」誌は、「中国による金準備率の引き下げは、経済成長の鈍化に対する懸念を意味しているのかもしれない。そしてこの鈍化をもたらした主な原因は欧州債務危機だ。データによると、中国経済成長の大部分を担っている製造業が収縮しつつある」と指摘している。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古