2012年1月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:32 Jan 06 2012

ブリトニー、中国の時計商標に名前を無断使用され提訴

資料写真

 米人気歌手ブリトニー・スピアーズさんがこのほど、中国の時計の商標に無断で名前を使われたとして、中国工商総局・商標評審委員会に登録を失効とするよう求め提訴した。北京市の裁判所は一審判決でブリトニーさんの要求を棄却した。京華時報が伝えた。

 ブリトニーさんは起訴状の中で、「原告は世界的に人気のある歌手であり、ブリトニー(BRITNEY)という名前は中国の消費者の間でも知名度が極めて高い。『BRITNEY SPEARS』という名前は、米国では商標として数多く登録されており、中国でも多くのカテゴリーで商標登録されている。第三者企業である深セン万富達貿易有限公司はこれを承知の上で、原告から権限を授けずに、故意に名前を商標登録し、原告の知名度を利用して不当な利益を得、原告の権利を深刻に侵害した」、「原告は世界的に知名度が高く、『BRITNEY』は世界の娯楽・ファッション界において明らかな馳名商標(有名商標)と言えるものである。この商標の登録と使用は必然的に市場の混同・誤認を招き、消費者に同商品と原告が関連しているかのような誤解を与える。万富達公司は誠実と信用という原則に反して原告の名前を故意に商標登録し、商標法に違反したため、登録を失効とするよう要求する」とした。

 裁判所の調査によると、問題となった商標「布蘭妮BRITNEY」は深セン万富達公司が2001年8月に申請し、2004年1月28日に認可されたもので、時計類の商品にのみ使用される。

 裁判所は一審判決で、ブリトニーさんが提供した証拠は、万富達公司が商標を登録した時点で、原告がすでに中国で幅広く認知されていたことを十分に証明するものではなく、馳名商標の保護範囲に属さないとして、ブリトニーさんの要求を棄却した。(編集SN)

  「人民網日本語版」2011年1月6日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古