2012年1月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:27 Jan 09 2012

中国の自動車リコール台数、2011年は180万台の過去最多に

 昨年12月25日現在、自動車のリコールが中国で計82回実施され、リコール台数は180万台の過去最高に達した。広汽ホンダのリコール台数は最多の75万台に達した。中国国家質量監督検験検疫総局の関係者は、「中国国内の監督管理の強化に伴い、自動車メーカーの世界的なリコールのうち、中国消費者に関わるリコールがほぼ同時に実施されるようになった」と述べた。科技日報が報じた。

 統計データによると、中国現地生産車のリコール回数は38回(前回調査は60回)、輸入車のリコール回数は44回(前回調査は63回)となり、いずれも前回調査を下回った。しかしリコール台数を見ると、現地生産自動車の台数は170万台を超え、2010年の100万台を上回った。輸入自動車のリコールは11万台にとどまり、昨年の17万台超を下回った。

 2011年の累積リコール台数上位5社は、広汽ホンダ(113万9905台)、上海通用(24万6468台)、長安フォード(8万8082台)、北京現代(7万2868台)、神龍汽車有限公司(6万3491台)の順となった。

 広汽ホンダは2011年8月、動力伝達装置に欠陥があったことで、アコード、オデッセイ、スピリアの一部をリコールし、計75万台に達した。同リコールによるリコール台数は現在、中国最多を記録している。

 中国国家質量監督検験検疫総局執法司の董楽群副司長は、「当局は昨年、自動車リコールに対する監督管理を強化した。同時に多くの自動車メーカーも、リコールが低品質を示すものではなく、責任をまっとうする態度を示すものであることを自覚している。昨年完了した自動車リコールのうち、リコール完了率は90%以上に達している」と述べた。

 董副司長の説明によると、昨年12月25日現在、同局が欠陥の調査を行いリコールに及んだ件数は4件に達し、全体のリコール件数の4.9%を占めた。これによりリコールされた台数も、全体の4.7%のみとなった。メーカーが自主的にリコールを実施した比率は、過去数年間を大きく上回った。同時に、中国国内の監督管理の強化に伴い、自動車メーカーの世界的なリコールのうち、中国消費者に関わるリコールがほぼ同時に実施されるようになった。

 董副司長は、「関連部門と協力し、リコールの法律規定を完備化する。技術の専門家、製品検査センター、製品安全実験室を中心とする、技術保証体制を構築する」と表明した。

 中国が2004年に自動車リコール制度を設けてから、中国の自動車リコール件数と台数は増加傾向にあり、欠陥のある自動車が合計で約620万台リコールされた。

 ディーラー側の報告によると、自動車リコール情報が集中しているが、関連ブランドや車種の販売に対して深刻な影響を与えていない。自動車消費市場の成熟化に伴い、リコールにより容易に動揺しない消費者が増え、企業が責任をまっとうする姿勢を示すものだと感じる消費者もいる。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年1月9日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古