2012年1月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:17 Jan 10 2012

国務院「東北振興十二五計画」を可決

 国務院の温家宝総理は9日、東北地区などの旧工業拠点の振興を指導する国務院のチームの会議を開催し、「東北振興『十二五』計画」を審議・可決した。新華社が伝えた。

 ▽「東北振興『十二五』計画」のポイント

 位置づけ:東北の振興を制約する体制的な問題、メカニズムの問題、構造的な問題は、いまなお根本的には解決されていない。振興の成果をしっかりと固め、これを拡大し、改革開放を深化させ、発展モデルの転換を加速させる必要がある。

 (1)国の食糧の安全保障を目標の筆頭に掲げ、現代型農業の基礎固めをし、これを発展させる。農村の生産条件・生活条件を改善し、豊かさと美しさを備えた新しい農村を建設する。

 (2)現代型産業システムを整える。伝統的工業を改善・グレードアップし、戦略的新興産業の育成を加速し、サービス業を発展・拡大させ、海洋経済の発展を積極的に進める。

 (3)地域の発展空間の配置を最適化し、産業の集積・発展を推進する。科学技術と人材資源をよりどころとして、地域のイノベーション能力を強化する。

 (4)資源型都市の持続可能な発展を促進する。産業の引き継ぎと切り替えの推進に力を注ぎ、歴史的で未解決の問題の解決に力を入れ、持続可能な発展が長期にわたり効果を上げるメカニズムをうち立てる。

 (5)インフラ条件を改善し、整った総合的交通輸送システムと多様なクリーンエネルギーシステムを構築する。

 (6)森林、草原、湿地、河川流域といった重点生態地区の保護・整備を強化し、資源の節約と省エネ・汚染物質排出削減を強化する。

 (7)多様な措置を取って雇用機会を増やし、バラック地区の改善を含め、住宅の社会保障対策としての「安居工程」の建設を加速させる。

 (8)国有企業の改革を引き続き深化させ、非公有制経済の発展を加速させる。国有林地区および荒れ地の開墾をめぐる体制の改革を推進する。対外開放の水準を全面的に引き上げ、北東アジアの開放に向けた重要な軸をうち立てる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年1月10日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古