2012年1月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:19 Jan 11 2012

温総理の発言が好材料に 中国株式市場が急反発

 中国株式市場は9日、連日の低迷傾向を食い止め、3カ月で最大の上げ幅を記録した。上海総合指数は2225.89ポイントで引け、前日比2.89%上昇、深セン成分指数は8946.08ポイントで引け、3.61%上昇し、上海・深セン両株式市場の上げ幅としては2011年10月以降最大となった。

 中国の温家宝総理が、先週末に北京で開催された第4回全国金融工作会議で「株式市場の自信を回復させるべき」と発言したことが投資家の買い意欲を刺激したと見られる。

 9日の上海・深セン両株式市場の売買代金もあわせて約1155億元と大きく膨らんだ。中国株式市場が強気に転じたことにより、株価指数が上昇しただけでなく、両市場であわせて56銘柄がストップ高となり、ほとんどの銘柄が上昇した。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年1月11日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古