2012年1月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:47 Jan 11 2012

中国人のオンライン決済状況、てんびん座がネットショッピングを好む (2)

 ◆午前がオンライン決済のピーク

 アリペイの同報告書によると、2011年のオンライン決済のピークは、まず午前10時に現れた。ネットユーザーは午前中の忙しい時間の合間に、気分転換をしているのだろうか。ビジネス目的のユーザーが午前中に支払いを行う習慣があるのだろうか。

 もう一つのピークは20−22時と正常だ。一日の仕事を終え、夕飯を食べ終え、ネットショッピングを楽しみ、家庭の各種費用の支払いを行う。この時間帯のピークは、さらに深夜12時まで続き、小幅のピークを迎える。深夜にネットショッピングを行う人が多いのだろう。11月11日(独身デー)と12月12日の販促キャンペーン期間中、利用者が深夜にネットショップに押しかける盛況が見られた。24時頃のオンライン決済の小幅ピークも理解できる。

 ◆個人向けのネットショッピング決算機能が公開へ

 アリペイによると、個人向けの年間決算書機能がまもなく公開されるという。登録後に同決算書を開くと、個人の毎月の支出が棒グラフになって現れ、毎月の支出状況を把握することができ、また自分が今年一番多く買い物をしたショッピングサイトがどこか知る事もできる。

 同サービスはユーザーの1年間のネットショッピング時間と決済速度について統計をとり、年間の消費金額・取引件数・決済速度の全国ランキングにおける、各利用者の順位を知ることができる。これらの結果はすべて、同サービスを利用するユーザー個人を対象に表示される。ユーザーはマイクロブログを通じ、その結果を友人と共有することができる。

 現在までに、アリペイの利用者数は6億5000万人に達している。同サービスの提供により、全国ユーザーの一年間のオンライン決済状況、家計のやりくりを振り返ることができる。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年1月11日

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古