2012年1月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:18 Jan 12 2012

中国国際航空が北京-沖縄直行便 11日から

 中国国際航空株式有限公司は11日、北京と日本の沖縄(那覇空港)を結ぶ直行便を正式に開通させた。これにより、北京から沖縄に向かう旅客は乗り換えの時間が不要になるだけでなく、往復の航空券を買えば1500元から1800元の割引が適用されることになる。人民日報系の北京紙「京華時報」が伝えた。

 新路線の機体は米ボーイング社のボーイング737-800機で、運航コードはCA831とCA832。毎週水曜日と土曜日にそれぞれ1便を運航する。往路は北京を午前8時20分に飛び立ち、沖縄に午後0時30分に到着する。復路は沖縄を午後1時30分に出発し、午後4時10分に北京に着く。運航時間は約3時間だ。

 同公司によると、新路線の主なターゲットは旅行客で、初フライトの航空券は完売したという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年1月12日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古