2012年1月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:55 Jan 17 2012

2011年 中国インターネット発展の10大動向(下)

 >>2011年 中国インターネット発展の10大動向(上)

 (6)オープンプラットフォームがインターネット空間を拡大

 「開放(オープン)」という言葉は、インターネットの精神を何よりも正確に表す言葉だ。開放と言うと、情報やリソースの共有が思い浮かぶが、インターネット企業はそれだけに留まらず、開放がもたらす計り知れない価値に目をつけた。

 百度(バイドゥ)などのインターネット企業がオープンプラットフォームを正式公開すると、5月31日には奇虎360が「360°オープンプログラム」を発表、10億元を投資してイノベーション投資基金を設立した。騰訊(テンセント)も6月15日、傘下の8大プラットフォームを全てオープン化し、数億人のユーザーを第三者パートナーに開放した。

 これにより、国内のインターネット企業先頭集団のうち、騰訊、百度、奇虎360、網易、新浪(SINA)、盛大、淘宝(タオバオ)がオープンプラットフォームを公開したほか、人人網、開心網、UC優視もこれに続き、オープンプラットフォームの仲間入りを果たした。

 オープンプラットフォームは各方面から知恵を集めるための効果的な方法であり、互いに助け合い、ウィンウィンを実現するための理性的な選択だ。インターネット企業のオープン路線は、第三者企業に広大なプラットフォームを提供し、インターネット市場の既存の運営モデルおよび企業間の競争・協力関係を変化させていくだろう。

 オープンプラットフォームはインターネット市場の新たな再編をもたらすか?今結論を下すのはまだ早い。

[1] [2] [3] [4] [5]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古