2012年1月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:14 Jan 17 2012

北京で販売の粉ミルク 原料段階まで遡って追跡が可能に (2)

 ▽殺菌剤含有量は中国基準の500倍以下

 ある業界関係者によると、中国は欧州連合(EU)、米国、日本に次ぐ世界4位のブラジル産オレンジジュース輸入国だ。中国市場で現在売られているよく知られたブランドのオレンジジュースには、いずれもブラジル産オレンジジュース原料が含まれており、あるブランドは原料の60%がブラジル産フレッシュオレンジジュースだという。

 コカ・コーラ関連部門の責任者が同日明らかにしたところによると、アメリカ食品医薬品局(FDA)が発表した検査結果によると、コカ・コーラのオレンジジュース製品から検出された殺菌剤・カルベンダジムは中国国家基準の500倍を下回り、世界のあらゆる国の基準をも下回ったという。

 カルベンダジムはブラジルでは20年以上にわたって主に植物の黒斑病対策に使用されている。米国では顔料、繊維製品、装飾用の樹木類といった非食物製品での使用に限定されているものの、穀物やドライフルーツなど31種類の食物製品についてはごくわずかな量であれば含有が認められている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年1月17日

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古