2012年1月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:07 Jan 17 2012

iPad3来月発売? 中国工場はフル稼働?

 中国経済網がこのほど紹介した米ブルームバーグ社の報道によると、米アップル社は今月からタブレット型コンピュータ「アイパッド」(iPad)の次モデルである「iPad3」の生産をスタートしたという。生産は2月にピークを迎え、3月には新製品が市場にお目見えすることが予想されるという。

 オーストラリアの経済・科学技術情報サイト「テクノロジー・スペクテーター」によると、iPad3にはアップル最新のクアッドコア(4コア)CPU(中央演算処理装置)が搭載され、ディスプレイは2048×1536(QXGA)という高解像度で、第4世代移動通信規格「LTE」ネットワークに対応するという。だが今のところ、アップル社はiPad3に関していかなる情報も明らかにしていない。あるアナリストの見方によると、アップル社が新製品の発売を通じてタブレット型コンピューター分野における独占的な優位を守りきれるかどうかは疑わしいという。

 より高速のCPUの搭載は、次モデルが高精細度映像の処理でより優れたパフォーマンスをみせることを意味し、また有効な機能をより多く備えることを意味する。ブルームバーグの報道によると、iPad3はティモシー・クック氏がアップル社の最高経営責任者(CEO)に就任してから初の新製品となる。また、アップル社の中国における受託生産(EMS)企業が現在、新製品が一日も早く発売されるようにと24時間体制でフル稼働しているとの情報もある。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年1月17日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古