2012年1月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:35 Jan 18 2012

春節期間、韓国を目指す中国人観光客数が増加

17日付の「人民日報海外版」に掲載された韓国の大手百貨店「ロッテ百貨店」の広告。

 春節(旧正月)を目前に控え、中国人の海外旅行先として韓国の人気が高い。韓国旅行発展局の関係者の見積もりによると、今年の春節期間に韓国を訪れる中国人観光客数は4万5000人に達し、平時と比較して約50%増となる。東方網が報じた。

 ◆羽振りがいい中国人観光客

 「2012年、辰年おめでとう、韓国ロッテ百貨店にぜひお越しください」17日付の「人民日報海外版」の紙面には、韓国の大手百貨店「ロッテ百貨店」の広告が掲載された。情報によると、ロッテ百貨店は中国人観光客を引きつけるため、20日の「人民日報」にも広告を掲載する予定だ。韓国の百貨店が「人民日報」で広告を掲載するのは、これが初めてとなる。

 韓国の百貨店が中国人観光客の誘致に取り組んでいる理由は、中国人観光客の羽振りのよさだ。ロッテ百貨店市場マーケティング部の李甲部長は、「中国人観光客の購入額は、年間200%のペースで増加しており、昨年は612億ウォンに達した(約3億4000万元=40億8000万円)」と語った。

 中国人観光客は韓国で主に、バッグ、腕時計、化粧品などの高級商品を購入する。新世界百貨店のマーケティング戦略を担当する李再真氏は、「中国人観光客は1回の来店で、平均170-200万ウォン(約11万4000-13万4000円)を消費する。これは韓国人顧客の間でも、高い水準に達する」と述べた。一方で日本人観光客の消費額は平均で20-30万ウォン(約1万3400-2万円)のみにとどまり、主にキムチ、ゆず茶、安価な化粧品を購入するという。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古