2012年1月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:12 Jan 21 2012

中国が米国債保有額を減らす、日本との差額が縮小

 米国財務省が明らかにしたところによると、中国は2011年11月にドル建て米国債を15億ドル(約1155億円)売り越したが、依然として海外最大の米国債保有国となった。法制晩報が報じた。

 米国財務省が公表した最新データによると、中国は2011年11月に米国債を再び売り越したが、10月の売り越し額142億ドル(約1兆930億円)を大きく下回る15億ドルにとどまった。これで中国が保有する米国債総額は1兆1326億ドルとなり、2位の日本との差はわずか937億ドルに縮まった。

 一方で日本は2011年11月に米国債保有を599億ドル(約4兆6120億円)買い越し、保有高が計1兆389ドル(約80兆円)に達した。

 2010年11月−2011年11月にかけ、中国と日本が保有する米国債の差額が大幅に縮小した。2011年11月、両国間の差額は2010年11月の約3分の1となった。日本はすでに、米国債の最大の保有国としての中国の立場を脅かしている。

 データによると、2011年11月、外国の主要債権国が保有する米国債保有額が、前月比で801億ドル(約6兆2370億円)増加した。特に日本は米国債を大量購入し、保有額が過去最高額に達した。

 ●背景

 日中両国のせめぎ合い


 経済規模の競争と同様、両国は米国最大の債権国の地位を巡り、競争を繰り広げている。

 2008年9月、中国の米国債保有額が初めて日本を超え、米国最大の海外債権国となった。経済学者らは偶然にも同年、中国経済が日本を超えると予想した。

 しかし両国が保有する米国債の差額には、大きな開きはない。2010年2月、日本の保有額が再び中国を抜いたが、米国財務省の修正データにより覆された。

 それからちょうど1年後の2011年2月、日本が公表した2010年の経済データに基づき、中国が日本を超え世界第2位の経済大国となった。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年1月24日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古