2012年1月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:01 Jan 21 2012

退職者の年金をさらに10%引き上げ

 人力資源・社会保障部は20日に記者会見を開き、中央政府が今年1月1日から企業の退職者の基本養老金(年金)水準を再び引き上げることを決定したと述べた。尹成基報道官が伝えた。引き上げ幅は1人あたり1カ月の基本養老金の約10%だという。全国の企業退職者の一人当たりの月平均養老金は7年連続で引き上げられ1531元に達している。

 尹成基報道官によると、2012年は都市部の新規就業人口が2500万人、大学卒業生が680万人に達すると見られ、就業の圧力は依然として大きい。人力資源・社会保障部門の業務目標は、都市部で900万人の新規就業を増加させ、都市部の失業者の再就職500万人、就業が困難な人の就業120万人を実現し、都市部登録失業率を4.6%とする。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年1月21日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古