2012年1月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:16 Jan 27 2012

米国を訪れる中国人観光客の平均消費額は6200ドル

専門家からはもっと多いとの指摘も

 米商務省は26日、米国を訪れる外国人観光客1人あたりの平均消費額は4000ドルだが、中国人観光客の場合は6200ドルに上るとの統計を発表した。米国の観光業界にとって、中国が最も急速に伸びている、最も大きな将来性を備えた市場であることは間違いない。米政府は中国人観光客の数は2016年には現在の2倍以上に増えると予測している。法制晩報が伝えた。

 美中観光協会の龔林輝会長は「6200ドルという数字は明らかに低い見積もりだ。この統計には小売店での消費額しか反映されていない。交通、ホテル、レストラン、その他急に追加した自費参加活動も加えれば、少なくとも8000ドルにはなる」と指摘。「米国を訪れる中国人観光客の数は年々増加傾向にある。昨年は約115万人に達した。今年は延べ130万人を突破するだろう」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年1月27日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古