2012年1月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:16 Jan 29 2012

トヨタ、販売台数世界一の座から転落

 日本の自動車大手8社は27日、2011年の世界販売台数を発表した。3年連続で世界一の座を守ってきたトヨタ自動車(ダイハツ工業、日野自動車を含む)は、前年比5.6%減の795万台で3位に転落した。米ゼネラル・モーターズ(GM)が903万台で首位に返り咲き、2位はドイツのフォルクスワーゲンで816万台だった。日産自動車・仏ルノー連合は739万台で4位につけたが、まもなく経営権を取得する予定のロシア・アフトバスを含めると803万台で、トヨタを上回る。韓国の現代自動車も激しい追い上げを見せており、販売台数は14.8%増の659万台に達し、5位につけた。

 昨年、東日本大地震とタイ洪水の影響で部品供給ネットワークが断絶したことなどを受け、日本自動車大手8社の国内における自動車生産台数は昨年比797万台減(13.4%減)となった。このほか、円高も日本車の輸出に深刻な影響をもたらしている。一方で、GMとフォルクスワーゲンは中国・南米などの新興国でますます地位を固めている。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古