2012年1月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:22 Jan 30 2012

東証、売買代金で上海抜きアジア1位の座を奪還

 国際取引所連合(WFE)がまとめた統計によると、2011年の世界の各証券取引所における株式売買代金(米ドルベース)で、東京証券取引所は上海証券取引所を上回り、アジア1の座を奪還した。1位は米ナスダック市場、2位はニューヨーク証券取引所、3位は東京証券取引所、4位は上海証券取引所だった。日本新聞網が伝えた。

 2011年の東証の売買代金の合計は前年比5.8%増の4兆3557億ドル、上海証券取引所は18.5%減の3兆6684億ドルだった。上海証券取引所は2009年に東京・ロンドンを追い抜き世界3位となったが、中国株式市場の大幅下落により、ここ2年間は売買代金が激減していた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年1月30日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古