2012年2月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:19 Feb 03 2012

商務部がリビアに視察チーム 中国企業の被害を確認

 商務部が2日明らかにしたところによると、中国とリビアとの話し合いを経て、商務部は4日から8日にかけて作業チームをリビアに派遣することになった。中国の在リビア資産の安全を保つこと、新生リビアの再建に参与することをめぐってリビア側と意見を交換するとともに、現地を視察して中国が関わるプロジェクトの被害状況を確認するという。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 作業チームの代表は同部対外投資・経済合作司の王沈陽司長が務める。チーム派遣は昨年10月に決定していたが、リビア情勢を受けて延期され今月の出発となった。作業チームはリビア滞在中にトリポリやベンガジなどの都市を訪れ、中国企業の既存プロジェクトの現状や中国企業の被害状況を確認するとともに、リビア暫定政府と新生リビア誕生前から行われている中国企業のプロジェクトの継続問題解決に向けて話し合いを行うとしている。

 中国企業がリビアで受け持つプロジェクトは、住宅、鉄道、電気通信といった国民生活にかかわるプロジェクトが基本だ。さきにリビア側は中国がリビアの再建に参与することを歓迎すると表明。中国側は中国企業がそれぞれの優位点を発揮してリビア再建に参与することを支援したいとし、両国間の経済貿易協力を一層拡大し深化させたいとした。

 作業チームのメンバーは、同司をはじめ、対外請負プロジェクト商会、中国建築工程総公司、中国電力建設集団有限公司、中国葛洲ハ集団公司、中国交通建設集団公司、北京建工集団、華為公司、中興公司の関係者で構成されている。(編集KS)

 *ハ:「土偏」に「貝」

 「人民網日本語版」2012年2月3日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古