2012年2月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:05 Feb 06 2012

中国各地の1人当たりGDP、上海市はサウジアラビアに相当

画像が中国経済新聞網より

 世界第2位の経済大国である中国において、1人当たりGDPが海外の国家を上回る省や直轄市も珍しくない。中国の省や直轄市は世界でいかなる地位を占めるのか、これには参考の価値があり、有意義な比較となる。英紙エコノミストはこのほど、公式サイトで記事を掲載し、中国の各省・直轄市のGDP、1人当たりGDP、人口、輸出などの面から(2010年のデータを採用)、各地区の経済力が世界のどの国に最も近いかを分析した。中国経済網が報じた。

 同分析によると、北京市の1人当たりGDPは欧州のスロバキアに相当し、上海市の1人当たりGDPは石油大国のサウジアラビアに相当する(購買力平価に基づき計算)。中国で最大のGDPを誇る広東省の1人当たりGDPは中央アジアのカザフスタンに、山東省は南アフリカに、浙江省はアゼルバイジャンに、福建省はキューバに、中国西部地区の重要都市の重慶市はモーリシャスに相当する。また西部地区のうち、貴州省は中国の隣国のインドに、チベットはアフリカのコンゴに、甘粛省はイラクに相当する。

 読者の利便性を高めるため、中国経済網は2010年に中国各省・直轄市が公表した経済データ、およびエコノミストが中国各省・直轄市の1人当たりGDPと世界各国を比較したデータを参考にし、中国各省・直轄市の1人当たりGDPと最も近い国家をまとめた(1人当たりGDP順)。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古