2012年2月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:52 Feb 06 2012

100元札に3匹の猫? 専門家は否定

 あるネット利用者がこのほどスレッドを立てて、「第5期人民元の100元札紙幣の表面を拡大してみると、跪く数匹の猫がいるのがみえる」と発信し、拡大した図面を公開した。これについて通貨の専門家は否定的な見方を示し、跪く猫はネットユーザーの創造の産物であり、猫のような図案はデザイン上の偽造防止技術だと述べた。「新京報」が伝えた。

 ▽ネット利用者が猫を「発見」

 このネットユーザーはこのほどスレッドの中で、第5期100元札には数匹の可愛らしい姿の猫が隠れているとし、「100元札の表面の中国人民銀行の文字の下に、3匹の猫の図案があり、そのうちの2匹は跪いて礼拝しているみたいで、すごく『萌え』だ。一体誰がデザインしたのだろう」と発信した。

 ネットユーザーが公開した拡大図をみると、100元札の毛沢東主席の頭部の両側に3匹の猫がいる。真ん中の1匹は口を開けてまっすぐに立ち、目は銅銭のように大きく見開き、後ろ足がピンと伸びている。その両側には2匹の猫がいて、前足をささげるように上に挙げ、跪く姿勢を取っている。

 この拡大図と100元札の背景の図案とはほぼ一致するが、拡大図は猫の輪郭が黒く縁取られている。縁取り処理を施すと、数匹の猫の姿がみえてくる。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古