2012年2月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:19 Feb 07 2012

アップルがiPadの商標権を侵害か、巨額の損害賠償の可能性も

 アップルユーザーは、自らが使用するiPadが他社の商標を用いていたならば、どのような感想を持つだろうか。この世にも不思議な出来事が実際に起こっており、iPadは商標権侵害として巨額の罰金を課せられる可能性が出てきた。情報によると、西城工商分局はiPadの商標権侵害について、調査と処理を行っている。北京晨報が報じた。

 ◆西城工商分局が調査に

 深セン唯冠公司は2011年年初、北京市西城工商分局に対して苦情を申し立てた。西城区の管轄区内には、アップルの5つの専売店の1つである「西単大悦城店」がある。西城工商分局は現在、本件を受理し調査を開始している。

 商標権侵害に対する処罰については、違法経営額を計算の根拠とする。報道によると、西城工商分局は2億4000万元(約28億8000万円)の罰金を確定した。アップル側から異議が申し立てられたため、罰金の徴収は延期された。

 罰金の支払いは最終的な確定には至っていないが、アップルは厳重な処罰に直面している。また全国各地の工商局は、iPadによる商標権侵害について唯冠公司と連絡し、商標権が侵害されたとする証拠を提供するよう求めている。これらの証拠により、アップルの商標権侵害に対して処罰を行う構えだ。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古