2012年2月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:41 Feb 07 2012

日本家電大手が軒並み赤字、世界経済の低迷と円高圧力が深刻化

 日本家電メーカーの栄光は、2012年を境に終末に近づいていく可能性がある。パナソニック、ソニー、シャープが先週発表した2011年度業績予想によると、日本3大グローバル家電大手のうち、パナソニックが7800億円、シャープが2900億円の赤字を計上する見通しだ。2社は共に、会社設立以来最大となる赤字を計上することになる。ソニーも本年度に30億ドル(約2310億円)の赤字を計上する見通しで、4年連続の赤字計上となる。羊城晩報が報じた。

 日系企業は新興業界への移転を加速化しており、伝統的な家電業務の比重を下げている。しかし家電業界専門家の羅清啓氏は、「日本家電メーカーの衰退は必然的だ」と分析した。

 ◆内外環境からの影響

 日本家電メーカーにとって、2011年は内外環境からの圧力にあえぐ年となった。ソニー中国区の永田晴康総裁は昨年、震災による日本家電メーカーのサプライチェーンへの影響を口にした。震災から落ち着きを取り戻すと、今度は欧米の経済危機が発生した。欧米主流市場の家電需要が疲弊し、日本家電メーカーに対して二重の打撃を形成した。

 羅氏は、「日本家電大手の赤字は、世界経済の衰退による需要の疲弊と、円の続騰による影響によるものだ。日本家電メーカーは販売価格を引き上げざるをえず、市場需要を刺激することができない」と指摘した。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古