2012年2月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:15 Feb 13 2012

「新ホワイトカラー基準10項目」が話題に 基準は月給2万元以上?

 中国のミニブログで近ごろ、「2012年中国新ホワイトカラー基準10項目」が盛んに転送されている。「月給2万元以上」「間取り2LDK以上」「15万元前後の自動車がある」など10項目の基準に多くのネットユーザーはため息をもらした。

 「2012年中国新ホワイトカラー基準10項目」では、ホワイトカラーの基準として上述のほかに以下の項目を挙げている。「エクササイズ・運動をしている」「特定の友達の輪がある」「オフィス内での仕事に限定せず、遠隔勤務も視野に入れている」「勤務時間は朝9時から夕方5時、自由な時間が十分にある」「独特の楽しみがある」「低炭素生活を重視する」「お気に入りのファッションブランドがある」。

 こうして見てみると、「ホワイトカラー」は「百万長者」と同じである。「以前は、大学を卒業してオフィスで働けばホワイトカラーになると思っていたが、今になって家も車もなければホワイトカラーではないとわかった。ひどい差別だ」と、大学を卒業したばかりの謝さんはため息混じりに話した。

 基準10項目に対するネットユーザーの投票で得票数が最も多かった項目は「特定の友達の輪がある」で、得票率は50%弱だった。続いて多かったのは「独特の楽しみがある」。「月給2万元以上」は予想通り得票数が最も少なかった。

 公共関係学の専門家、林景新氏は「ホワイトカラーは一つの職業概念にすぎず、変化する概念でもあり、地域ごとに定義されている。先進国の日本を例にすると、車を運転しない環境保護意識の高い人もホワイトカラーだ。しかし中国などの先進国では、車を持っていることがホワイトカラーだと見られる傾向にある」と述べたうえで、ホワイトカラーは精神面と物質面が比較的一致していることを指すべきで、物質面だけを見てはいけないと強調した。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年2月13日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古