2012年2月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:21 Feb 14 2012

生活費ランキング、上海がNYを抜く 英誌最新報告

 英経済誌「エコノミスト」の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」(EIU)はこのほど、2011年度後期の世界生活費調査報告を発表。調査対象となった131都市のうち、生活費が最も高かったのは、スイスのチューリッヒだった。中国の上海は42位と米ニューヨーク(47位)を上回った。中国政府主導の「中国ネットテレビ局」(CNTV)が報じた。

 同報告は160品目の商品やサービスを物価の調査対象とし、ニューヨークを100として、各都市の生活費を為替レートや経済体の実態に基づいて経済指数化し、各都市をランキングしている。ただ、同調査は「外国人」がその都市で暮らす場合、どのくらい生活費がかかるかという点に重きが置かれている。

 昨年7月に発表された同報告でチューリッヒは5位だったが、スイスフランが高騰していることを背景に、これまで長年1位だった東京を抜いて、世界で最も生活費の高い都市となった。2位以下は順に、東京、ジュネーヴ(スイス)、大阪神戸、オスロ(ノルウェー)、パリ(フランス)、シドニー(オーストラリア)、メルボルン(オーストラリア)、シンガポール、フランクフルト (ドイツ)。

 一方、中国の上海はアメリカのロサンゼルスとロシアのモスクワと並んで42位とニューヨークを上回った。

 同調査結果は、ギリシャに端を発したユーロ圏債務危機の影響があるものの、成熟している経済体の生活費は依然として高いということを示している。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年2月14日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古