2012年2月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:04 Feb 15 2012

シンガポール航空展、2014年に中国国家展示エリアを設置

 シンガポール航空ショーの主催者側はこのほど、「2014年に開催する第4回大会では、中国国家展示エリアを設置し、中国の各省と連携することで、中国航空工業の能力とイメージをPRする」と表明した。新華網が報じた。

 主催者「Experia」の劉世国・董事経理は取材に応じた際に、「中国企業のシンガポール航空ショーにおける参加規模は拡大を続けている。2010年の第2回大会では展示面積が約350平方メートルであったが、今年の第3回大会では倍増の700平方メートルに達した」と語った。

 同氏はまた、「2014年の中国国家展示エリアは、航空産業を持つ各省との提携を通じ、異なる地区・異なる分野の企業を集結させる」と述べた。シンガポール航空ショーの参加企業リストによると、中国企業は今年10社に達した。

 シンガポール航空ショーは、世界最大の航空および国家安全防備に関する展示会だ。今年の第3回大会の開催期間は2月14日−19日で、50以上の国と地域から900社以上が参加する。これらの企業には、ボーイング、エアバス、ボンバルディア、エンブラエル、中国商用飛機有限責任公司等が含まれる。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年2月15日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古