2012年2月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:06 Feb 16 2012

日本で働く外国人労働者、中国人が43.3%で最多

 厚生労働省はこのほど、2011年10月末時点の在日外国籍雇用労働者を対象とする、統計結果を公表した。統計データによると、中国人労働者は外国人労働者のうち最多であり、その多くが労働密集型産業に従事している。また外国人研修生ビザしか持たない中国人労働者が、日本で働く中国人労働者全体の3割超に達している。日本新華僑報が報じた。

 統計によると、外国人を雇用している日本の事業所数は11万6561カ所に達し、前年同期比7.2%増となった。外国人労働者数は5.6%増の68万6264人に達した。

 外国人労働者のうち中国人が最多で、全体の43.3%の29万7199人に達した。ブラジルおよびフィリピンの労働者数が2位と3位を占めた。中国人、ブラジル人、フィリピン人の合計が、日本で働く外国人労働者の7割を占める計算だ。

 外国人の雇用地に関する統計によると、外国人労働者が最多の都市は東京都で、外国人を雇用している事業所数が日本全体の24.9%を占めた。また東京都で働く外国人労働者数も、全体の24.5%で1位となった。東京都、愛知県、神奈川県、静岡県、大阪府の上位5地域で働く外国人労働者数は、日本全体の過半数に達した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年2月16日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古