2012年2月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:11 Feb 17 2012

中国企業の統計データ、18日より国家統計局に直接報告へ

 中国国家統計局の馬建堂局長はこのほど、関連企業に対して「2月18日より、全国70万社の三上企業(一定規模以上の工業企業、一定額以上の売上の小売店・宿泊業・飲食業、資格を有する建築業)と不動産開発企業は、データの収集と処理に関する統一プラットフォームを使い、中国国家データセンターもしくは国が認定する省級データセンターに対して、インターネットを利用し統計データを直接送信すること」とする内容の書簡を送信した。人民日報海外版が報じた。

 同措置は、統計データの作成方法に変革が生じ、「ありのままの」の統計データが集められることを意味する。

 近年、国民経済の持続的な発展に伴い、CPIやGDP等の専門的な統計データが一般用語となっている。また各業界からの統計データの需要も細分化されており、統計の質に対する要求も高まっている。

 中国国家統計局統計設計監理司の汲鳳翔司長は取材に応じた際に、制度改革の原因の一部について言及した。「中国の現行の統計調査方法には分散化の特徴が見られ、主に国民経済業界と業種の統計を中心に、データ収集と処理を行なっている。各業種はそれぞれ調査対象からデータを収集し、統計業務フローの各作業を独立して行なっている。これにより統計業務の効率が下がり、業務の連結性も低い上、職員の負担が増している」

 馬局長は、「全ての企業をネットワークでつなぎ、それぞれの企業から直接国家データセンターに統計データを提出させるという方法は、まるで源泉から流れ出る清らかな水を直接集めるようなものであり、『汚染』の入り込む余地が無い。こうすることでデータという河流の透明度を確保することができる」と例えた。統計データ改革の幕は切って落とされた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年2月17日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古