2012年2月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:55 Feb 21 2012

京広高速鉄道、今年末に全線開通を予定

画像が新京報より

 鉄道部門からの情報によると、河北省の石家庄と湖北省の武漢を結ぶ石武高速鉄道の鄭州?武漢区間が試験を全面的に開始し、7月1日に開通する見通しだ。同鉄道の石家庄?鄭州区間も、今年12月末までに全線開通する予定だ。これにより北京から広州までの全線の走行時間が、8時間以内に短縮される。京華時報が報じた。

 今年年末までに石武高速鉄道が開通すると、北京?石家庄区間、武漢?広州区間がつながれ、既存の京広線(北京?広州)と並行する、中国の南北を結ぶ高速鉄道が形成される。これにより北京?武漢の走行時間は現在の10時間以上から約5時間に短縮され、北京?広州は8時間に短縮される。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年2月21日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古