2012年2月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:58 Feb 22 2012

ソニー 中国3Dテレビ市場に力を傾注

 今年4月にソニーの社長兼最高経営責任者(CEO)に就任する予定の平井一夫氏はこのほど、ソニーのテレビ業務は長期にわたり損失を出しているが、撤退はしないことを明らかにした。ソニー中国法人はこのほど、大陸部市場に向けた三次元(3D)機能を搭載した液晶テレビ3シリーズの新製品を打ち出し、中国3Dテレビ市場に力を傾注すると発表した。人民日報系の北京紙「京華時報」が伝えた。

 今年の元旦には大陸部で3D専用チャンネルの放送が始まり、テレビメーカー各社の間で端末争奪戦がスタートした。中国の3D作品制作に早くから関わってきたソニーはこれを機に3Dテレビに力を入れ、主に中型・小型の製品を打ち出すとしており、テスト段階を経て市場に打って出ようとの意図は明らかだ。他の日本メーカーや韓国メーカーが打ち出す大型3Dテレビとは異なり、ソニーはテスト段階の後も引き続き小型製品に力を入れる方針だという。今回打ち出す製品は2シリーズで、55インチ、46インチ、40インチ、32インチの4タイプになるという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年2月22日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古