2012年2月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:21 Feb 24 2012

唯冠VSアップル社 「iPad」マークの所有権は誰なの? (3)

 ▽深セン唯冠とアップル社の紛争は中国の商標法と司法実践にとっての試練

 上海大学知的財産権学院の陶キン良教授によると、中国の商標法では先に登録した者の権利を保護すると同時に、使用する中で商業的価値が高まった未登録の商標も保護する。これは商標法の立法の主旨であり保護における初志であるという。

 陶教授は「一つの商標は先に登録され、一つの商標は広く名を知られている。法律の枠組の中で利益や権利のバランスをどのように実現するか。これは商標法の立法や制度構築、また司法の英知に対する挑戦だといえる」と話す。

 アップル社が深セン唯冠の大陸部におけるIPAD商標を実際に買い取ったかどうか、深セン唯冠のIPAD製品とアップル社のiPad製品とが紛れているかどうか、iPadがアップルのグローバル化を通じて一般化し、商標の属性を喪失しているかどうか。こうした問題については解釈が待たれる。(編集KS)

[1] [2] [3] [4]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古