2012年2月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:39 Feb 24 2012

中国企業13社が米「337調査」の対象に (2)

 関連データによると、中国製品は現在、337調査の重点的な対象となっている。2006年から10年の間に中国企業が対象になったケースは56件に上り、わずか5年でそれ以前の20年間の合計を上回った。米国が10年に発動した337調査は56件に上り、09年の約2倍に達した。うち中国に関わる調査は18件で全体の32.1%を占め、国別でトップだった。

 商務部進出口公平貿易局の劉丹陽副局長によると、中国の企業の多くは、とりわけ中小企業の多くは、発動された調査に応訴した経験の不足、資金力の不足などに制約されて、337調査への対応ではいつも非常に受け身の立場に立たされており、タイミングよく効果的に自身の合法的な権利を守ることができなかった。積極的に応訴し、特許に関する意識を高め、交渉技術を強化することなどが必要とされている。

 ある分析によると、中国製品がしばしば337調査の対象になることには、米国貿易戦争の激化も反映されている。金融危機の発生後、米国の国内経済は困難が山積みで、貿易保護主義のムードが高まっていることを受けて、米国は337調査をたびたび発動するようになっている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年2月24日

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古